お葬式が済んだ後も、法要などが続きます。

まずは亡くなって七日目に執り行なわれる、初七日です。
そもそもお葬式をするのが、亡くなってからすでに2~3日たっています。
そのため七日目は、あっという間にやってきてしまいます。
そこで、遺骨法要と同時にお葬式の後に執り行なわれることが多いです。

亡くなった日から七日ごとに四十九日までに追善法要を行います。
合計7回行うことになります。

その後は、忌明け法要です。一般的には四十九日と呼ばれています。
亡くなった日から数えて、四十九日目に行います。

僧侶に読経をしていただき、遺族や親族が焼香を行います。
読経の後には、遺族や親族で会食も行います。

お香典をいただいた方には、四十九日までには、香典返しをしておきます。
四十九日が過ぎれば、百か日です。

四十九日で忌明けです。
この忌明けから1周忌までには、お墓に骨を納める、納骨をします。

その後の法事や法要は、初盆、一周忌、三周忌、七回忌、十三回忌…と続いていきます。

家族葬 安い